公募にチャレンジ
PR

第15回介護作文・フォトコンテスト・キャッチフレーズ部門を振り返る

第15回 介護作文・フォトコンテスト - 応募した作品と振り返り
hisashi
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

昨年にひきつづき今年も、第15回介護作文・フォトコンテスト、キャッチフレーズ部門に応募しました。

のざき寿
のざき寿

こんにちは、のざき寿(ひさし)といいます。元芸人です。

昨年とおなじく今回も、応募したキャッチフレーズ振り返り、制作過程を整理していきたいと思います。

あなたの公募活動のヒントになればうれしいです。

介護作文・フォトコンテストとは

介護作文・フォトコンテストは、公益社団法人・全国老人福祉施設協議会が主催する公募です。介護に関わる高齢者・介護職員との「つながり」をテーマに掲げ、介護現場を支えるすべての人達を励ます、文章や写真などの作品を公募しています。

コンテストのキャッチフレーズに採用されました

昨年、キャッチフレーズ部門で最優秀賞を頂きました。そのキャッチフレーズが今年のホームページに使われることになりました。

始めましての自己紹介を
何度もした。
その度に自分を
好きになった。

こちらの記事もどうぞ
第14回介護作文・フォトコンテストのキャッチフレーズ部門で最優秀賞を受賞しました
第14回介護作文・フォトコンテストのキャッチフレーズ部門で最優秀賞を受賞しました

豪華な審査員

今回の審査員も豪華な顔ぶれです。

  • 特別審査員 武藤十夢さん(AKB48)
  • 作文・エッセイ/手紙部門 岸本葉子さん(作家・エッセイスト)
  • フォト部門 山田真由美さん(カメラマン・介護福祉士)
  • キャッチフレーズ部門 勝浦雅彦さん(コピーライター)

勝浦雅彦さんは、宣伝会議コピーライター養成講座の講師を務めておられ、宣伝会議賞の審査員でもあります。

こちらの記事もどうぞ
コピーライター養成講座(基礎コース)で学ぶこととは
コピーライター養成講座(基礎コース)で学ぶこととは
こちらの記事もどうぞ
宣伝会議賞2020・キャッチコピー公募に初挑戦したら三次審査まで通過した
宣伝会議賞2020・キャッチコピー公募に初挑戦したら三次審査まで通過した

キャッチフレーズ部門に応募しました

昨年に引き続きキャッチフレーズ部門に応募しました。キャッチフレーズ部門は、Twitterでも気軽に応募できるので参加しやすいですね。

こちらの記事もどうぞ
コピーライティングの勉強にSNS(X・エックス/Twitte・ツイッター)を活用しよう
コピーライティングの勉強にSNS(X・エックス/Twitte・ツイッター)を活用しよう
こちらの記事もどうぞ
サントリー「ほろよい」キャッチコピー・Twitter公募に挑戦
サントリー「ほろよい」キャッチコピー・Twitter公募に挑戦

キャッチフレーズのテーマ

今回のキャッチフレーズのテーマは次の2つです。

  1. 介護に関わる人たちへの「感謝」
  2. 介護の「やりがい」「しあわせ」

どちらかを選択して、キャッチフレーズを考えていきます。

選択したキャッチフレーズのテーマ

今回選択したテーマは次のテーマです。

介護の「やりがい」「しあわせ」

第15回介護作文・フォトコンテスト

介護職は人気のない仕事といわれています。キツイ・キタナイ・キケンの仕事といわれ、給料も安く労働時間も長いと、ネガティブなイメージが先行してしまっています。

介護職がすこしでも魅力的な仕事に伝わるように、このテーマを選びキャッチフレーズを考えようと思いました。

応募したキャッチフレーズ

おばあちゃんが僕に背を向けるようになった。

これはトイレ介助をしているときの情景を書きたかったのです。

自分でリハビリパンツを下ろせないおばあちゃんが、衣類を下ろしやすいように当たり前のようにぼくに背を向けている信頼関係を描きたかった。言葉を削りすぎて何を言っているかまったくわかりませんね。

「だんな様」が歌いたいと、僕に直筆の歌詞カードをくれたおばあちゃん。

レクリエーションでカラオケをした時のこと。

直筆で歌の歌詞を書いてくるくらい、カラオケをしたかったおばあちゃんの想いが伝えたかったのですが、うまく表現しきれていないですね。

ぼくだって、立ち上がるときは、ゆっくりじゃないか。

足の力が弱い利用者さんを介助する情景と挫折を結びつけて考えました。焦らなくていいと伝えたかったのだと思います。句読点の位置も気になります。

「ありがとう」をいっぱい聴けば、「ありがとう」をいっぱい言える。

「ありがとう」をいっぱい言えば、「ありがとう」をいっぱい聴ける。

介護職は「ありがとう」を伝える場面が多い仕事です。

利用者さんに食事の準備や洗濯物を手伝ってもらうことがあります。そのたびに「ありがとう」を言うので、普通の仕事よりも感謝を伝える場面は多いと思います。

マスク越しから「瀬戸の花嫁」が聞こえた。

マスクの中で「瀬戸の花嫁」が聞こえた。言葉を失ったわけじゃないんだ。

会話の内容は忘れている。でも感情が覚えている。

認知症の方は、何を喋ったかを記憶しておくことが難しいです。けれど喋ったときの楽しかった感情・うれしかった感情は記憶していると思います。

余っている時間なんか無いのだと、ぼくは教わっている。

あっ、そういえば、スピードを落としてゴールまで一緒に走ってくれる奴が親友だったわ。

その方が亡くなる寸前まで介護をすることがあります。最後の最後まで側に寄り添ってくれる人がいると、どれだけ心強いでしょうか。

キャッチフレーズを考えるために意識したこと

ぼくは近所のデイサービスに介護職員として勤務しています。介護の仕事を通じて感じたことや具体的なエピソードを、そのままキャッチフレーズにしてみようと考えました。

感情が動いた瞬間をメモしてキャッチフレーズのアイデアにする

介護の仕事で経験した出来事や感情の動きをメモするようにしました。

「瀬戸の花嫁」や「だんな様」など歌のタイトル・固有名詞を使っているのは、実際にご利用者さんと歌ったからです。

抽象的な感情を具体的にする

今回のキャッチフレーズ制作で意識したことは、感情という抽象的な概念を具体的な描写に繋げることでした。
キャッチフレーズを受けとった人に、情景がイメージでき切り取った視点が伝わるように意識しました。

反省点

今回は期限ギリギリの応募になってしまい、キャッチフレーズを考える時間が少なかったことが反省点です。

やはり、かける時間と考えたキャッチフレーズ本数は、クオリティに比例しますね。

こちらの記事もどうぞ
キャッチコピーは100本書いてから選ぶ
キャッチコピーは100本書いてから選ぶ
こちらの記事もどうぞ
再現性のあるキャッチコピーの考え方
再現性のあるキャッチコピーの考え方

介護をテーマにキャッチフレーズに挑戦

ほかにも、介護をテーマにしたコンテストにいろいろ挑戦しています。

こちらの記事もどうぞ
第60回宣伝会議賞の作品と制作過程の振り返り
第60回宣伝会議賞の作品と制作過程の振り返り
こちらの記事もどうぞ
宣伝会議賞2021で2本のキャッチコピーが一次審査を突破しました
宣伝会議賞2021で2本のキャッチコピーが一次審査を突破しました

社会問題をテーマにたキャッチフレーズの制作は、時代背景や世の中状況を捉えなくてはいけません。
いいキャッチフレーズを書くためには、常にアンテナを張って情報収取し体験をして感性を磨き続けることが大切だと思いました。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
のざき寿
のざき寿
物書き
元芸人 / Webエンジニア5年 / SEOライティング2年 / コピーライター養成講座卒業
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました