コピーを学ぶ

コピーライター養成講座 – 基礎コースで学ぶこと

 What to say(何を)

 How to say(どう言うか)

 宣伝会議コピーライター養成講座・基礎コースで学ぶことは、このふたつと言っても過言ではないでしょう。

 こんにちは、寿(ひさし)と言います。

 僕は、2020年6月から年末までの半年間、宣伝会議コピーライター養成講座・基礎コースに通っていました。

コピーライター養成講座の評判・卒業生が語る体験談
コピーライター養成講座の評判・卒業生が語る体験談宣伝会議コピーライター養成講座の評判は?受講の申し込みを悩んでいる方へ「どんなこと勉強するのか」。名古屋基礎コースの受講生が講座の内容を解説します。金の鉛筆は6本獲得しました。 ...

 コピーライター養成講座を申し込もうと迷っている方のために、講座で学ぶ冒頭の「What to say(何を)」「How to say(どう言うか)」を解説できればと思います。

 この記事が、あなたのお役に立てればうれしいです。

コピーライター養成講座 – 基礎コースで学ぶ、キャッチコピーの具体例

 コピーライター養成講座では「イメージコピー」を学びます。イメージコピーとは、商品・サービスなどから想像される、雰囲気や印象・抽象的な概念を言葉で表現し、伝える技術です。

 まずは具体的に、キャッチコピーを見ていきましょう。

おしりだって、
洗ってほしい。

1982 TOTO ウォシュレット
仲畑 貴志氏

日本のコピー ベスト500

年賀状は、
贈り物だと思う。

2007 日本郵便年賀状キャンペーン
岩崎 俊一氏

幸福を見つめるコピー完全版

結婚しなくても幸せになれるこの時代に、
私は、あなたと結婚したいのです。

2017 ゼクシィ テレビCM
坂本 美慧氏

リクルート ゼクシィ テレビCM

 講座で紹介されていたキャッチコピーをいくつか紹介しました。広告の歴史に刻まれているキャッチコピーは、次のような書籍でも見れます。

基礎コースでは「キャッチコピーとは何か」を学びます

 宣伝会議コピーライター・基礎コースで学ぶことは「キャッチコピーとは何か」です。キャッチコピーの目的は「人を動かす」ことであり「課題解決」であることを、実際にキャッチコピーを書きながら学んでいきます。

キャッチコピーとは、人を動かす言葉である

 キャッチコピーは「人の動かすアイデアが、言葉になったもの」です。では、人が動くとはどういうことなのでしょうか。

  • 人の心を動かす(感情)
  • 人の頭を動かす(脳の記憶)
  • 人の体を動かす(行動)

 「人が動く」と商品やサービスが売れたり、覚えてもらったりします。そして人が動くことによって、企業は、抱えている課題が解決されるわけです。企業が抱える問題とは、売上の向上であり企業認知・生活者とのコミュニティ形成などさまざまです。

「広告は見られていない」ことを学ぶ

 キャッチコピーなどの広告は、できれば多くの生活者に届けたいです。ですが世の中の人のほとんどは、広告に好意的ではなく、興味・関心がありません。あなたも広告に対して、少なからずネガティブなイメージを持っていませんか?

 あなたは最近印象に残ったTVCMはありますか?

 YouTube広告をスキップせずに動画見ますか?

 Webサイトのバナーをクリックしますか?

 人の興味・関心を惹きつけるには、キャッチコピーを支えるためのアイデアが必要になります。ありきたりな既視感のあるキャッチコピーは人の心に届きません。

 コピーライター養成講座・基礎コースでは、アイデアの発想法から学び、言葉の表現力を磨く技術・方法が学べます。

その言葉には「人を動かす」アイデアがあるか

 たとえば「りんご」のキャッチコピーを書くとします。

 あなたは、お客さんに「りんご」を買ってもらうに為に「りんご」の良さ(何を)どう伝えますか?

  • 産地直送
  • 赤くて新鮮
  • 甘い
  • シャキシャキしている

 いずれも「りんご」の特徴です。人はありきたりな特徴や他の商品と差別化できないことに、興味や関心・価値を感じにくいのです。

キャッチコピー土台となるアイデアの発想法を学ぶ

 商品の特徴や性能を表現するだけでは、人を動かすキャッチコピーにはなりません。土台となるアイデアが必要です。

アイデア発想の基礎を学ぶ

 キャッチコピーを書くときには、重要なプロセスがあります。

 What to say(何を)

 How to say(どう言うか)

What to say(何を)見つける

どう言うか

 先程の「りんご」のキャッチコピーを考える場合、まずは「りんご」の特徴や性能・味など、思いつく限り列挙していきます。

  • 他の商品と差別化できるところは?
  • 消費者にとってのメリットは?
  • 唯一の特徴はないか?

 商品のことを調べ「問い」を立てます。そこから見えてくる「切り口」や「視点」のことを「What to say(何を)」と言います。

「なんでやねん!」 - 商品にツッコミを入れてベネフィットを考える
「なんでやねん!」 - 商品にツッコミを入れてベネフィットを考える商品のベネフィットを上手く見つけられない。商品・サービスにツッコミを入れるとベネフィットが簡単に見つかります。会話形式にすることで頭を柔軟にして考えて行きます。ひとつの方法としてご覧んください。...
  • 産地直送でしかも安い
  • 赤色がよく新鮮
  • どのりんごよりもシャキシャキ

 さらに生活者の興味を惹くために、切り口や視点の表現を考えます。

大喜利で考えるキャッチコピーの切り口
大喜利で考えるキャッチコピーの切り口キャッチコピーが全く思いつかないことがあります。そんな時は大喜利を使って発想すると、思いがけないアイデアが出てくることがあります。同じようなつまらない言葉ばかり。そんな時は頭が硬くなっていると思うんです。大喜利をしてみてください。...

How to say(どう言うか)を考える

 切り口や視点を決め、言葉の表現を考えます。その工程が「How to say(どう言うか)」です。

 生活者が「りんご」を手にしたことで得られる、ちょっといい未来(ベネフィット)をイメージして言葉を考えていきます。

 朝はシャキッっと目覚めたい

 お見舞いは、林檎がないと寂しい

キャッチコピーは100本書いてから選ぶ
キャッチコピーは100本書いてから選ぶいいキャチコピーを書くためにはどうしたらいいのか。ひとつの広告対象につき、100本書いてみてください。100本という数字は目安で「たくさん書いた方がいい」といった意味です。精神論や根性論ではなく、しっかりと「数を書く」理由があります。...
キャッチコピーは短く書こう - 11文字から13文字がベスト
キャッチコピーは短く書こう - 11文字から13文字がベストキャッチコピーなるべく多くの情報を伝えたいと思うあまり、言葉が長くなってしまいます。広告は見られない前提で考えることが基本です。11文字から13文字くらいの長さがいいとされています。短い言葉の中にアイデアを盛り込みましょう。...

広告主の課題解決がキャッチコピーの目的

 キャッチコピーの技術を学ぶことも大切ですが、キャッチコピー・広告本来の目的を学ぶことも大切です。
 キャッチコピーは広告表現のひとつです。クライアントは広告を通じて、生活者に商品やサービス、企業そのものを知ってもらいたい、好きになってもらいたいという目的があります。

  • サービス知って欲しい
  • 興味を持って調べてほしい
  • 好きになって近づいて欲しい
  • 思い出して欲しい
  • 買って欲しい
  • 人に紹介して欲しい

 コピーライターは「言葉を通じて課題を解決する」仕事なのです。

コピーライター養成講座 – 基礎コースで、再現性のある書き方を学ぶ

 コピーライター養成講座は、現役コピーライターや熟練コピーライターが講師です。

 プロのコピーライターも同じように「What to say(何を)」「How to say(どう言うか)」のプロセスでキャッチコピーを考えています。

 コピーライティングは才能やセンスではありません。
 
 コピーライティングは再現性のある技術なんです。

コピーライティングが応用できる場面を学ぶ

 キャッチコピーは広告だけに使われるわけではありません。仕事や日常生活のあらゆる場面で応用が効く技術です。

資料のタイトルにキャッチコピーを使う

 コピーライター養成講座で学ぶ「What to say(何を)」「How to say(どう言うか)」の考え方は、企画書やプレゼンなど、ビジネスシーンでも役に立ちます。インパクトのあるキャッチコピーを企画書のタイトルにすれば、印象に残るプレゼンになるでしょう。

コミュニケーションでコピーライティングの考え方を応用する

 他人とのコミュニケーションにおいても「What to say(何を)」「How to say(どう言うか)」を意識することは、とても役にたちます。

  • 嫌なこと・苦手なことを相手にわかって欲しい
  • 相手の為に、それとなく注意したい
  • 好意・熱意がそれとなく伝わる表現をしたい

 人間関係において、相手に直接的な表現をすることが望ましくない場面はあります。そんなとき、コピーライティングの考え方を応用するのもいいでしょう。

コピーライター養成講座 – 基礎コース、無料体験セミナーを受けよう

 この記事では、宣伝会議コピーライター養成講座 – 基礎コースで学ぶ内容を解説しました。申し込みに悩んでいる方は、無料体験セミナーに参加することをお勧めします。

 この記事が、あなたのお役に立てればうれしいです。

キャッチコピーの作り方
キャッチコピーの考え方 - 作り方のコツとはキャッチコピーの作り方がわからない。考え方が色々ありすぎてどう書いたらいいのか。言葉を真似するだけではキャッチコピーは書けるようになりません。この記事では基本的な考え方を解説していきます。基本を抑えることで再現性のある書き方を身につけることができます。...