コピーを学ぶ

コピーライティングの勉強に、Twitter(ツイッター)が相性いい理由

twitter-copywriting
なやむちゃん

 コピーライティングの勉強に、ツイッター(Twitter)って使えるのかな?

 どう使ったらいいのか、わからないんだけど…

寿

 ツイッターコピーライティングの勉強に使えますよ!

 140文字制限が、コピーライティングで大事な技術の「端的にものごとを伝える訓練」になるからです。

 さらに共感を得る文章が書けると、フォロワー数も増えてツイッターを通じた出会いが広がる可能性もあります。

 こんにちは、寿(ひさし)と言います。

 140文字制限のあるツイッターは、ものごとを端的に伝えるコピーライティングと非常に相性がいいと言えます。

 僕は2020年に、宣伝会議さんが主催する「コピーライター養成講座」に通ました。講師である現役コピーライターさんも積極的にツイッターを活用されています。

 あなたがキャッチコピーの賞を目標にしていて、自分の書いた文章の反応を知りたいなら、ツイッターを活用しない理由がありません。

 ぜひ、最後までご覧ください。

コピーライティングの勉強に、Twitter(ツイッター)が相性いい理由

ツイッターを使うメリット
  • 140文字制限が端的にものごとを伝える訓練になる
  • 「いいね」「リプライ」「リツイート」などで、反響がわかる
  • ツイッター公募のコンテストがある

 他にもツイッターが、コピーライティングと相性いい理由がありますので、ご紹介していきますね。

寿

 Twitterを通じてコピーライティング仲間にも出会いました。公募に挑戦している方いっぱいますよー。

ツイッターの140文字制限がコピーライティングに向いている

ツイッターの140文字制限がコピーライティングに向いている

 ツイッターは一回の投稿に140文字の制限があるので、強制的に言いたいをまとめる必要があります。

 一方コピーライティングも、伝えたいことは端的にまとまってなくてはいけません。まとまりのない長い文章は、読み手の集中力を奪うからです。

 キャッチコピーは、内容が伝わりやすい文字数は、11文字〜13文字前後と言われています。

キャッチコピーは短い方がいい理由
  • 言葉の伝わる速度が早い
  • 口ずさみやすい
  • 口コミしやすい

 ツイッターは文字数を意識して投稿するので「切り口」「構成」「添削」の技術が含まれています。コピーライティングも同様の技術が必要なので、訓練には最適と言えます。

コピーライター養成講座 - 基礎コース
コピーライター養成講座 - 基礎コースで学ぶこと【宣伝会議】コピーライター養成講座基礎コースで何を学ぶのか?この記事では、講座全体で学ぶキャッチコピーの基礎を紹介しています。講座の受講を考えている方は参考にしてください。この記事の内容は、宣伝会議さんで「コピーライター養成講座基礎コース」の無料体験セミナーで解説されています。 ...

ツイッターは「いいね」「リプライ」「リツイート」で反響がわかる

ツイッターは「いいね」「リプライ」「リツイート」で反響がわかる

反響で勉強する

 投稿した文章に多く「いいね」「リプライ」「リツイート」つけば、それだけ共感を得る、人に届いた表現と言えます。自分の書いた文章の反響を知れることが、ツイッターの強みです。

 コピーライティングを勉強する上で難しいことは、消費者の反響が確認しづらい点にあります。

 通常、広告コピーライティングは、写真やイラストなどのグラフィックもあり、複合的な要素と一緒に掲載されることが一般的です。

 掲出した広告で商品の売上げが上がったとしても、純粋にキャッチコピーの力とは言い難い場合状況があるのです。消費者から直接、反響や感想をもらうことは、ほぼありません。

 ツイッターは言葉のみの投稿なので、自分の言葉の力で「人の心を動かした」と言えるのではないでしょうか。

人の心が動くコピーライティング
  • 新しい価値の発見・気づき
  • 納得
  • 実感
  • 共感

 多く「いいね」「リプライ」「リツイート」がつく投稿は、人の心を動かす言葉なんです。キャッチコピーの基本がツイッターで学べます。フォロワー数が増えれば、あなたが多く支持されているという証明にもなります。

誰に向けてのツイートなのか意識する

 フォロワーに向けてつぶやくツイッターは「誰につぶやくか」を意識しければなりません。

 コピーライティングも「誰に」「何を伝えるか」が重要になってくるので、ターゲットを意識した訴求力が磨けます。

ツイッターでコピーライティング投稿する具体例

キャッチコピー(短い文字数で)

キャッチコピーを補足する文章で、ボディコピーの練習をする。
140文字使い切るようにします。
改行、句読点にも気を使い、
見た目も意識します。

あまり参考になりませんが、、
こぴにゃん

寿、、全然フォロワーいないにゃん。

寿

それは言わない約束じゃ、、

ツイッターコピーライティングのポイント
  • 自分のアカウントテーマをつぶやく
  • 改行や見やすさにも気を配る
  • 投稿する前にノートに書く
  • インプレッションなど、数値計測も確認する

 パソコンやスマホでつぶやく前に「ノートで手書き」することをオススメします。理由は、自分の脳に語彙の記憶を残せること、後々読み返しやすい利点がノートで手書きにあるからです。

ツイッター公募でコピーライティングを訓練する

ツイッター公募でコピーライティングを訓練する

企業のツイッター活用

 ツイッターでキャッチコピーの公募をしている企業があるので、積極的に応募しましょう。

 先日サントリーさんの「ほろよい」でキャッチコピーの公募がありました。スマホから手軽に応募できるのが特徴です。

https://twitter.com/suntory/status/1340854504992989184
SUNTORY(サントリー)公式Twitter
ほろよいのキャッチコピー公募に挑戦した結果。やさしく酔う度数3%サントリーさんの「ほろよいに最高に合うキャッチコピー募集」コンテストに参加しました。応募したキャッチコピーと考えた制作意図をまとめています。...

 企業は商品やサービスをSNSで拡散することが多くなってきました。今後さらにSNSを活用するケースは増えて行くと思うので、積極的に公募したり、情報を集めるようにしましょう。

ツイッター公募の探し方

 公募専門誌、公募サイトで探すのがオススメです。

公募ガイドONLINE

出典:公募ガイドONLINE Webサイト
こぴるくん

 キャッチコピー公募の他にも、俳句や川柳もあるから、言葉を勉強するにはいいかもね。

けずるくん

 とにかく手当たり次第送ってしまえばいいのさっ!

登竜門

登竜門
出典:登竜門 Webサイト

コンペナビ

出典:コンペナビ Webサイト

ツイッターでキャッチコピーの勉強している人を探す

勉強風景

 #(ハッシュタグ)をつけて、キャッチコピーのお題を投稿してくれている方がいます。積極的にフォロして、気軽にコピーライティングを勉強しましょう。

大喜利のお題みたいですねw
アカウントを探す方法
  • ツイッター検索窓に「キャッチコピー 」を入れて検索する
  • 自分のアカウント名に「コピーライティング」を入れて見つけてもらう
  • 投稿にキャッチコピーの#(ハッシュタグ)をつける

コピーライティングを勉強している、同じ目的で頑張っている人をフォローして、モチベーションを上げましょう。

 賞の公募に参加されている方は数多くいらっしゃいますよ。

フォローしておきたいツイッターアカウント

コピーライターさんのツイッター

 「電通」「博報堂」など、大手広告代理店の現役コピーライターさんをフォローして、コピーライティング関連の情報をキャッチしましょう。

現役コピーライターさん、ほか
  • 糸井 重里(@itoi_shigesato)
  • 田中泰延(@hironobutnk)
  • 中村禎(@baccano21)
  • 橋口幸生@コピーライター(@yukio8494)
  • 阿部広太郎|超言葉術(@KotaroA)
  • 中村圭@天パのコピーライター(@keiokei)

※ほんの一部の方です、個人的に調べたアカウントになります。検索して探してみてくださいね。

 コピーライターさんのものの見方や、考え方を学べます。

コピーライティングの情報源になるツイッターアカウント

情報源になるアカウント
  • 「ブレーン」編集部(@sdkg_brain)
  • AdverTimes(アドタイ)(@advertimes)
  • 株式会社宣伝会議(@sendenkaigi)
  • 東京コピーライターズクラブ(TCC)(@tcc_jp)
  • コピーライターズクラブ名古屋(@C_C_N)

ツイッターを使えるコピーライターは貴重です

 企業は広告戦略で、ツイッターを活用する機会が増えています。SNSで反響を呼べるコピーライターは希少性が高くなるでしょう。

 ツイッターはコピーライティングの勉強に使えますし、フォロワー数が増えれば、言葉の力で人の共感を得た実績になります。コピーライターとしての実績にもなるでしょう。

 ツイッター通じて、出会いが広がる可能性もあります。

 さぁ、アカウントを開設してみてはいかがですか?

 最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

キャッチコピーの作り方
キャッチコピーの作り方 - 基本とコツを解説キャッチコピーの作り方がわからない。考え方が色々ありすぎてどう書いたらいいのか。言葉を真似するだけではキャッチコピーは書けるようになりません。この記事では基本的な考え方を解説していきます。基本を抑えることで再現性のある書き方を身につけることができます。...