コピーを学ぶ

大喜利で考えるキャッチコピーの切り口

 キャッチコピーの切り口を考えるために、大喜利を採用してみてはいかがでしょうか?

 こんにちは、寿(ひさし)です。

 キャッチコピーがまったく書けないとき、ありますよね。

 考えても考えても同じような言葉ばかりが浮かんできて、ありきたりなキャッチコピーばかりになってしまう。

 わかります。つらいですよね。コピーライティングは自分と向き合うことが多い作業です。つまらないキャッチコピーしか頭に浮かばないとき「自分は、なんて面白味のない人間なんだろう」と、嘆きたくなります。

 でもそれは、単に考えすぎて頭が疲れて硬くなっているだけかも知れません。まじめに考えていても発想が広がらないとき、頭を柔らかくしてアイデアを飛躍させるため、大喜利を使ってみるのはどうでしょう?

 少しふざけながら考えると、誰も思いつかないユニークな発想や切り口に出会えるかもしれません。

 実は僕、ちょいちょい大喜利をしてキャッチコピーを考えています。

hisashi
自称コピーライター。Webエンジニアで元お笑い芸人です。  やかましいタイトルから始まってすみません。  まずは自己紹介させてください。  こんにちは、寿(ひさし)と申します。 ...

 今回は、キャッチコピーの「切り口」探しを手助けする、大喜利の視点をまとめてみました。

 何か、ヒントになればうれしいです。

コピーライティングと大喜利の共通点

 コピーライティングも大喜利も、お題に対して対象の視点を探し、表現を工夫し、人の感情にアプローチします。

 コピーライティングと大喜利は似ていると思っています。

コピーライティングとは

 コピーライティングとは、広告対象である商品やサービスの価値を、端的な言葉で表現し、人の感情を言葉で動かす技術です。

 人の感情を動かす言葉の裏側には、意外性や新しい発見が含まれています。商品やサービスをさまざまな視点から眺め「誰もまだ気がついていない、商品やサービスの良いところ」を探していくのです。
 商品を購入する人、サービスを受ける人、製品を作った人など、さまざまな人の視点を想像してキャッチコピーのアイデアを考えていきます。

 ちなみに、キャッチコピーの「キャッチ」には、人の心を掴むという意味があります。

キャッチコピーは短く書こう - 11文字から13文字がベスト
キャッチコピーは短く書こう - 11文字から13文字がベストキャッチコピーなるべく多くの情報を伝えたいと思うあまり、言葉が長くなってしまいます。広告は見られない前提で考えることが基本です。11文字から13文字くらいの長さがいいとされています。短い言葉の中にアイデアを盛り込みましょう。...

大喜利とは

 一方、大喜利も、お題に対して意外性のある回答を考えて、お客さんから笑いを誘います。大喜利もコピライティングと同じように、お題をあらゆる視点で考え、いろいろな人の立場を想像して、おもしろい回答を探していきます。

 やはり大喜利も、予想できる答えでは、お客さんを笑わすことはできません。お客さんの想像を越えるおもしろい回答が生まれたとき、笑いが起こるのです。

「なんでやねん!」 - 商品にツッコミを入れてベネフィットを考える
「なんでやねん!」 - 商品にツッコミを入れてベネフィットを考える商品のベネフィットを上手く見つけられない。商品・サービスにツッコミを入れるとベネフィットが簡単に見つかります。会話形式にすることで頭を柔軟にして考えて行きます。ひとつの方法としてご覧んください。...

キャッチコピーと大喜利の共通する思考

 大喜利を考えているときの思考と、キャッチコピーを考えているときの思考は、まったく一緒なのです。

 広告対象やお題に対し、視点や立場を変えて「切り口」を探していく。

 考えた切り口を、人の心に届く表現に変えていきます。キャッチコピーは短いことばで表現し、大喜利はセリフや言葉・絵などで表現しているのです。

いいキャッチコピーを書くために - 学ぶ姿勢
いいキャッチコピーを書くために - 学ぶ姿勢いいキャチコピーを書くためには何を学べばいいのか。たくさん書くことも必要ですが、一流のコピーライターは何を考え、どのような姿勢で取り組んだのかを知ることや考えることが大事だと思います。...

 人の感情にそった大喜利でキャッチコピーの切り口を考える

 さてここからは、僕が独自で考えたキャッチコピーの発想法をご紹介します。大喜利をしながら、さまざまな視点に立ち、切り口を考える方法です。

 広告対象である商品やサービスに対し「感情を踏まえた話し言葉」をお題としています。穴埋めする形で言葉を考え、キャッチコピーの切り口を作っていきます。感情にそったお題にしたのは、人の感情を基準にすることで、人に届きやすい言葉に近づくと思ったからです。

 ただ、時間をかけて、商品知識を調べることや分析することも大事です。ですが、アイデアを生み出すときには、頭を柔らかくし、多少のユーモアを含めることが発想の糸口になることがあります。

 紹介する大喜利は、50以上の例があります。切り口が50個、キャッチコピーが50本書けますね!

キャッチコピーの作り方
キャッチコピーの考え方 - 作り方のコツとはキャッチコピーの作り方がわからない。考え方が色々ありすぎてどう書いたらいいのか。言葉を真似するだけではキャッチコピーは書けるようになりません。この記事では基本的な考え方を解説していきます。基本を抑えることで再現性のある書き方を身につけることができます。...

キャッチコピー大喜利の例

 これから紹介する例を参考に、キャッチコピーの切り口を考えてみてください。

お題(大喜利)の構成

構成

〇〇:「商品・サービス」を当てはめる
▲▲▲▲▲「キャッチコピー」を考える

使用例

 「ごはん」を商品にキャッチコピーを考える場合。

商品:ごはん
〇〇は、▲▲▲▲▲です。

ごはんは、食べると元気がでる食べ物です。

 「食べると元気がでる」が、切り口になります。

コピーライター養成講座 - 基礎コースで学ぶこと【宣伝会議】コピーライター養成講座基礎コースで何を学ぶのか?この記事では、講座全体で学ぶキャッチコピーの基礎を紹介しています。講座の受講を考えている方は参考にしてください。この記事の内容は、宣伝会議さんで「コピーライター養成講座基礎コース」の無料体験セミナーで解説されています。 ...

大喜利でキャッチコピーの切り口を考えよう

 ここからは大喜利の実践です。「▲▲▲▲▲」の部分を考えてみてください。

大喜利・具体例(感情)

素直

〇〇は、▲▲▲▲▲です。

要点

要するに〇〇は、▲▲▲▲▲です。

真実

実をいうと〇〇は、▲▲▲▲▲なんです。

創造主

〇〇とは、▲▲▲▲▲である。

例え

たとえば〇〇は、▲▲▲▲▲と言えると思うんです。

差別化

やらしい話〇〇は、▲▲▲▲▲できます。

注意

言っておくけど〇〇は、▲▲▲▲▲だからな!

納得

結論からいうと〇〇は、▲▲▲▲▲です。

提案

どうかな?▲▲▲▲▲なら〇〇とか?

比較

▲▲▲▲▲だったら、〇〇の方がいいですよ。

独創的

私だけ?、〇〇を、▲▲▲▲▲思うのは?

知らないだろうけど〇〇って、▲▲▲▲▲らしいよ。

否定

何言ってんの?〇〇は、▲▲▲▲▲だよ。

真実

本当のこというと〇〇は、▲▲▲▲▲てことなの。

脅かす・びっくり

▲▲▲▲▲!!って言ってみただけ。

客観

〇〇を見て、▲▲▲▲▲と思った。

アドバイス

一言だけ言わせてもらうと、〇〇は、▲▲▲▲▲ね。

特別

君だけにいうよ〇〇は、▲▲▲▲▲だよ。

同調・仲間意識

一緒に〇〇を、▲▲▲▲▲してみる?

念押し

君の考えでは、〇〇は、▲▲▲▲▲ってことでいいね?

本音

本当は〇〇を、▲▲▲▲▲と思っているくせに。

決断・決心

最後にこれだけ言わせて、〇〇は、▲▲▲▲▲、だよ。

主張・孤立

人からバカにされようが〇〇は、▲▲▲▲▲だと思う。

周知

知らないうちに〇〇は、▲▲▲▲▲になったよね。

逆説

逆に〇〇は、▲▲▲▲▲です。

感動

綺麗事だけど〇〇は、▲▲▲▲▲と思いたい。

命令

二度と言わせるな!〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

残念

気づいていないようだけど、〇〇は、▲▲▲▲▲だよ。

諭す

いいかい、〇〇は、▲▲▲▲▲なんだよ。

仮説

仮に〇〇が、▲▲▲▲▲だとしたら?

小馬鹿にする

知らないの?〇〇は、▲▲▲▲▲だよ。

極論

〇〇が、地球からなくなったとしたら?▲▲▲▲▲だよ。

発表

突然ですが、〇〇は、▲▲▲▲▲です。

発見

思いついた!〇〇は、▲▲▲▲▲だ!

お願い

無理は承知です。〇〇を、▲▲▲▲▲してください。

懐古

昔、〇〇は、▲▲▲▲▲だったんだよ。

観察

見て見て!〇〇が、▲▲▲▲▲だ!

疑問

どうして〇〇は、▲▲▲▲▲なんだろう。

励まし

気にすんな、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

達成

〇〇のおかげで、▲▲▲▲▲できました!

可能性

思っている以上に、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

著名人

あの人がいうには、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

誇大

大袈裟にいうと、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

空想

もし、〇〇が、〇〇だったら、▲▲▲▲▲だ。

希望

夢にも思わなかった、〇〇が、▲▲▲▲▲だなんて。

子供

ねぇねぇ、〇〇は、▲▲▲▲▲なの?

対象の視点

〇〇から言わせると、▲▲▲▲▲ってことみたい。

我慢

ずっと言いたかったけど、〇〇は、▲▲▲▲▲だよ。

決めつけ

だまれ、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

一言

〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

大好き

えこひいきは承知で、〇〇は、▲▲▲▲▲です。

大嫌い

〇〇は、▲▲▲▲▲だから見たくもない。

ファン

キャー!〇〇!▲▲▲▲▲だよー!

見落とし

そう言われると、〇〇は、▲▲▲▲▲だな。

聞き出す

知っていたら教えて、〇〇は、▲▲▲▲▲ってこと?

嫌味

結局、〇〇は、▲▲▲▲▲なんでしょ。

回想

ふと思ったけど、〇〇は、▲▲▲▲▲なんかな。

しみじみ

あぁ、〇〇は、▲▲▲▲▲なんだなぁ。

吐露

いうつもりなかったけど、〇〇は、▲▲▲▲▲だよね。

許す

あの人が、〇〇は、▲▲▲▲▲と言っているから仕方がない。

自分勝手

都合よくない?〇〇が、▲▲▲▲▲って。

他人事

ほら見て、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

崇める

〇〇様、▲▲▲▲▲でしょうか。

大声

聞いて!!〇〇は、▲▲▲▲▲だよ!

勇気

恐れずにいうと、〇〇は、▲▲▲▲▲だ!

同意

〇〇って、▲▲▲▲▲だよね!だよね!

諦め

はいはい、〇〇って、▲▲▲▲▲だよね。

羨む

いいなぁ。〇〇って、▲▲▲▲▲なんでしょ。

サプライズ

びっくりした!〇〇は、▲▲▲▲▲なんだ!

爆発

もう無理!〇〇は、▲▲▲▲▲だ!

なんとなく、なにげなく

それはそうと、〇〇は、▲▲▲▲▲だよね。

対立

あなたはそういうけど、私にとって、〇〇は、▲▲▲▲▲だから。

真理

人間にとって、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

探求

教えてほしい、〇〇は、▲▲▲▲▲だろうか。

なげやり

もういい、もういい、〇〇は、▲▲▲▲▲なんでしょ!

小声

〇〇は、▲▲▲▲▲なんだよ。

突き放す

知らねえよ!〇〇が、▲▲▲▲▲だって言われても。

裏切り

実は、〇〇は、▲▲▲▲▲でした!

愛情

こんなにも、〇〇のこと、▲▲▲▲▲と思っているのに。

キャッチコピーは100本書いてから選ぶ
キャッチコピーは100本書いてから選ぶいいキャチコピーを書くためにはどうしたらいいのか。ひとつの広告対象につき、100本書いてみてください。100本という数字は目安で「たくさん書いた方がいい」といった意味です。精神論や根性論ではなく、しっかりと「数を書く」理由があります。...

キャラを変えて大喜利してみる

 ここまでの大喜利を、自分以外のキャラに視点を置き換えて考えてみましょう。立場や視点を変えることで、新しい発想が生まれます。

  • お母さん・お父さん
  • おばあちゃん・おじいちゃん
  • 外国人
  • 総理大臣
  • さまざまな職種
  • 動物

 視点を変えて観ることで、キャッチコピーの切り口はさらに増えていきます。

大喜利で考えた切り口をもとに、キャッチコピーの表現を考える

 大喜利で考えたアイデアや言葉は、キャッチコピーの切り口です。これらの切り口をもとに、人のこころが動く表現を探していきましょう。

コピーライター養成講座 - 基礎コースで学ぶこと【宣伝会議】コピーライター養成講座基礎コースで何を学ぶのか?この記事では、講座全体で学ぶキャッチコピーの基礎を紹介しています。講座の受講を考えている方は参考にしてください。この記事の内容は、宣伝会議さんで「コピーライター養成講座基礎コース」の無料体験セミナーで解説されています。 ...

コピーライターは大喜利が好き

 ここまで読んで頂いてありがとうございました。

 実は、コピーライティングと大喜利の相性がいいというのは実証済みです。

 というのも、コピーライター養成講座の講師をしている現役コピーライターも大喜利を推奨しているからです。

 また、講座の課題でも大喜利がありましたし、宣伝会議賞に芸人が参加していたりします。

宣伝会議賞2020
宣伝会議賞2020 - キャッチコピー公募に初挑戦したら三次審査まで通過した宣伝会議主催の宣伝会議賞に応募した結果、3審査通過しました。思したキャッチコピーの振り返りと、今後の対策などについて書いています。...

 大喜利は、新しいアイデアを生むために役立つツールです。ぜひコピーライティングに活用してみてください。

 なにか、ヒントになればうれしいです。