コピーを学ぶ

キャッチコピーを大喜利で考えて、切り口を量産する

キャッチコピーの切り口を量産する

 キャッチコピーの切り口を考えるための、付け足す言葉を考えてみました。

 こんにちは、寿(ひさし)です。

 キャッチコピーがまったく浮かばない時がありますよね。

 考えても考えても、同じような言葉ばかりで、つまらない。そんな時は頭が硬くなっていると思うんです。

 まじめに考えていても発想が広がりません、アイデアを飛躍させるために、大喜利を使うのはどうでしょう。

 楽しみながら、ふざけながら考えるとユニークな発想に出会えますよ。切り口の量産に使ってください。

 ※僕が個人的に考えたものです。

コピーライター養成講座 - 基礎コース
コピーライター養成講座 - 基礎コースで学ぶこと【宣伝会議】コピーライター養成講座基礎コースで何を学ぶのか?この記事では、講座全体で学ぶキャッチコピーの基礎を紹介しています。講座の受講を考えている方は参考にしてください。この記事の内容は、宣伝会議さんで「コピーライター養成講座基礎コース」の無料体験セミナーで解説されています。 ...

キャッチコピーを大喜利で考える

構成

視点
〇〇:「商品・サービス」を当てはめる
▲▲▲▲▲「キャッチコピー」を考える

使用例

商品:ごはん

〇〇は、▲▲▲▲▲です。

ごはんは、食べると元気がでる食べ物です。

「食べると元気がでる」が、切り口になります。

大喜利で考える

大喜利で考える具体例

素直

〇〇は、▲▲▲▲▲です。

要点

要するに〇〇は、▲▲▲▲▲です。

真実

実をいうと〇〇は、▲▲▲▲▲なんです。

創造主

〇〇とは、▲▲▲▲▲である。

例え

たとえば〇〇は、▲▲▲▲▲と言えると思うんです。

差別化

やらしい話〇〇は、▲▲▲▲▲できます。

注意

言っておくけど〇〇は、▲▲▲▲▲だからな!

納得

結論からいうと〇〇は、▲▲▲▲▲です。

提案

どうかな?▲▲▲▲▲なら〇〇とか?

比較

▲▲▲▲▲だったら、〇〇の方がいいですよ。

独創的

私だけ?、〇〇を、▲▲▲▲▲思うのは?

知らないだろうけど〇〇って、▲▲▲▲▲らしいよ。

否定

何言ってんの?〇〇は、▲▲▲▲▲だよ。

真実

本当のこというと〇〇は、▲▲▲▲▲てことなの。

脅かす・びっくり

▲▲▲▲▲!!って言ってみただけ。

客観

〇〇を見て、▲▲▲▲▲と思った。

アドバイス

一言だけ言わせてもらうと、〇〇は、▲▲▲▲▲ね。

特別

君だけにいうよ〇〇は、▲▲▲▲▲だよ。

同調・仲間意識

一緒に〇〇を、▲▲▲▲▲してみる?

念押し

君の考えでは、〇〇は、▲▲▲▲▲ってことでいいね?

本音

本当は〇〇を、▲▲▲▲▲と思っているくせに。

決断・決心

最後にこれだけ言わせて、〇〇は、▲▲▲▲▲、だよ。

主張・孤立

人からバカにされようが〇〇は、▲▲▲▲▲だと思う。

周知

知らないうちに〇〇は、▲▲▲▲▲になったよね。

逆説

逆に〇〇は、▲▲▲▲▲です。

感動

綺麗事だけど、▲▲▲▲▲と思いたい。

命令

二度と言わせるな!〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

残念

気づいていないようだけど、〇〇は、▲▲▲▲▲だよ。

諭す

いいかい、〇〇は、▲▲▲▲▲なんだよ。

仮説

仮に〇〇が、▲▲▲▲▲だとしたら?

小馬鹿にする

知らないの?〇〇は、▲▲▲▲▲だよ。

極論

〇〇が、地球からなくなったとしたら?▲▲▲▲▲だよ。

発表

突然ですが、〇〇は、▲▲▲▲▲です。

発見

思いついた!〇〇は、▲▲▲▲▲だ!

お願い

無理は承知です。〇〇を、▲▲▲▲▲してください。

懐古

昔、〇〇は、▲▲▲▲▲だったんだよ。

観察

見て見て!〇〇が、▲▲▲▲▲だ!

疑問

どうして〇〇は、▲▲▲▲▲なんだろう。

励まし

気にすんな、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

達成

〇〇のおかげで、▲▲▲▲▲できました!

可能性

思っている以上に、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

著名人

あの人がいうには、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

誇大

大袈裟にいうと、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

空想

もし、〇〇が、〇〇だったら、▲▲▲▲▲だ。

希望

夢にも思わなかった、〇〇が、▲▲▲▲▲だなんて。

子供

ねぇねぇ、〇〇は、▲▲▲▲▲なの?

対象の視点

〇〇から言わせると、▲▲▲▲▲ってことみたい。

我慢

ずっと言いたかったけど、〇〇は、▲▲▲▲▲だよ。

決めつけ

だまれ、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

一言

〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

大好き

えこひいきは承知で、〇〇は、▲▲▲▲▲です。

大嫌い

〇〇は、▲▲▲▲▲だから見たくもない。

ファン

キャー!〇〇!▲▲▲▲▲だよー!

見落とし

そう言われると、〇〇は、▲▲▲▲▲だな。

聞き出す

知っていたら教えて、〇〇は、▲▲▲▲▲ってこと?

嫌味

結局、〇〇は、▲▲▲▲▲なんでしょ。

回想

ふと思ったけど、〇〇は、▲▲▲▲▲なんかな。

しみじみ

あぁ、〇〇は、▲▲▲▲▲なんだなぁ。

吐露

いうつもりなかったけど、〇〇は、▲▲▲▲▲だよね。

許す

あの人が、〇〇は、▲▲▲▲▲と言っているから仕方がない。

自分勝手

都合よくない?〇〇が、▲▲▲▲▲って。

他人事

ほら見て、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

崇める

〇〇様、▲▲▲▲▲でしょうか。

大声

聞いて!!〇〇は、▲▲▲▲▲だよ!

勇気

恐れずにいうと、〇〇は、▲▲▲▲▲だ!

同意

〇〇って、▲▲▲▲▲だよね!だよね!

諦め

はいはい、〇〇って、▲▲▲▲▲だよね。

羨む

いいなぁ。〇〇って、▲▲▲▲▲なんでしょ。

サプライズ

びっくした!〇〇は、▲▲▲▲▲なんだ!

爆発

もう無理!〇〇は、▲▲▲▲▲だ!

なんとなく、なにげなく

それはそうと、〇〇は、▲▲▲▲▲だよね。

対立

あなたはそういうけど、私にとって、〇〇は、▲▲▲▲▲だから。

真理

人間にとって、〇〇は、▲▲▲▲▲だ。

探求

教えてほしい、〇〇は、▲▲▲▲▲だろうか。

なげやり

もういい、もういい、〇〇は、▲▲▲▲▲なんでしょ!

小声

〇〇は、▲▲▲▲▲なんだよ。

突き放す

知らねえよ!〇〇が、▲▲▲▲▲だって言われても。

裏切り

実は、〇〇は、▲▲▲▲▲でした!

愛情

こんなにも、〇〇のこと、▲▲▲▲▲と思っているのに。

人の感情にそって大喜利を考えてみました

 ここまでの発想法は、僕が独自で考えた方法です。切り口を考える時は、色々な視点に立って考えることが重要になります。

 話し言葉の中で感情を入れて、キャッチコピーを考えることで、人に届きやすい言葉に近づくと思って考えました。

 まじめに商品知識を調べることも、分析することも大事ですが、アイデアを生み出すときには、多少のユーモアを含めることが糸口になります。

 50以上の例があるので、切り口が50個、キャッチコピーが50本書けますね!ターゲットを変えると、さらに本数が増えます。

 切り口を考えたあと、言葉を磨きましょう。

キャッチコピーの作り方
キャッチコピーの作り方 - 基本とコツを解説キャッチコピーの作り方がわからない。考え方が色々ありすぎてどう書いたらいいのか。言葉を真似するだけではキャッチコピーは書けるようになりません。この記事では基本的な考え方を解説していきます。基本を抑えることで再現性のある書き方を身につけることができます。...