Web運用

3C分析とは?テンプレートを使って自社分析しホームページ制作に活用しよう

 3C分析は、ホームページ制作のコンテンツ企画・提案などに使えます。強く訴求するコンテンツを発見したり、競合分析をまとめたりなどです。
 また、キャッチコピー制作やLP(ランディングページ)などのセールスライティングにも使用でき、3C分析で洗い出した情報は、文章や言葉のアイデアになります。

 分析をせず客観的な視点のないままコンテンツを作ってしまうと、独りよがりなホームページやキャッチコピーになってしまいます。それでは大切なことが顧客に伝わりません。

 この記事では、3C分析の詳細と注意点を解説しながら、テンプレートを使った具体例も紹介していきます。ホームページ制作・キャッチコピー制作の情報整理にお役立てください。

3C分析「市場・顧客」「競合」「自社」3つの視点

 3C分析は、新規事業の戦略を練ったり、既存事業のテコ入れを行うために用いられる分析方法です。また、販売戦略や顧客攻略のアイデアを発見するためにも使われている、マーケティングの代表的なフレームワークのひとつです。

  • 市場・顧客
  • 競合
  • 自社

 これら3つの観点から情報整理することで、自社や自社製品・自社サービスの立ち位置を客観的に把握できます。

市場・顧客分析

 市場や顧客を考えることが、3C分析ではとくに重要になります。市場や顧客が存在しなければ、事業や商売は成り立たないからです。市場というマクロな視点と、顧客というミクロな視点で情報整理することで、業界の動向やトレンドを分析することもできます。

分析のポイント

 市場と顧客に分けて分析のポイントをみていきましょう。

市場
  • 購買人口
  • 市場規模・成長率
顧客
  • 顧客ニーズ
  • 購買プロセス(カスタマージャーニー)
  • 購買決定者
  • KBF(Key Buying Factor:重要購買決定要因:購買にあたって何を重要視するか)

 市場・顧客を分析することで、ターゲット(セグメンテーション)・ペルソナが見えてきます。

競合分析

 競合を分析し、自社と比較することで客観的な判断ができるようになります。顧客は商品やサービスの購入を検討するとき、ベネフィットやメリット、性能や価格を比較して選択するからです。

分析のポイント

  • 寡占度(業界でのシェア・顧客数・利益)
  • 企業規模(経営資源・従業員数・生産能力)
  • 強み・弱み
  • 参入障壁
  • 競合の戦略
  • ポジショニング
  • 提供価値

 競合分析をすることにより、自社にしかない独自の強み、USP(Unique Selling Proposition)が整理できます。自社が次に目指す企業など、重要な競合に絞って分析します。他業種でも競合になりうる場合があるので、視野を広げて考えてみるのもいいでしょう。

自社分析

 自社の情報を分析することで、業界でのポジションや差別化できる商品・サービスが見えてきます。同時にウィークポイントも把握できるので、将来的な事業戦略や未開拓・未着手な部分を洗い出すことが見えてきます。 

分析のポイント

  • 企業規模(売上高・利益・従業員数)
  • 業界シェア
  • 主力商品
  • 技術力
  • 企業文化

 ヒト・モノ・カネ・情報などの切り口と競合分析の項目と照らし合わせながら、多面的に分析しましょう。

3C分析の具体例とテンプレート

 それでは具体例をひとつ挙げて使い方を解説します。

3C分析の具体例

 あるホームページ制作会社を例にしてみます。従業員規模15名ほどの中小企業をイメージしてみてください。

 あるホームページ制作会社を例にしてみます。従業員規模15名ほどの、中小企業をイメージしてみてください。

  • 市場・顧客
    • 顧客は全国の企業・主に中小企業
    • IT市場の成長は期待できる・DXの推進でさらに加速している
    • オンライン・リモートでの仕事が増えてきている
    • エンジニアの不足により、人材単価が上がっていることから、制作単価も上っている
    • リモートでの打ち合わせが可能になり、商圏が全国に広がった
    • プログラミング不要のノーコードツールが台頭してきつつある
    • AIの進化により、新しい作業効率化の方法が生まれ、制作単価は下がっていく可能性がある
  • 競合
    • ある自社のある地域ではトップのシェア
    • オンラインが進んだことで全国のホームページ制作会社が競合になった
    • 〇〇制作会社
      • 利益・従業員数
      • デザイナーを多く抱え、トレンドに合わせたデザインができる
  • 自社
    • 自社の情報
      • 利益・従業員数
      • エンジニアを多く抱えている
    • 優秀なエンジニアが数多く在籍
    • アプリケーションの実装も可能
    • 制作実績〇〇件、豊富な経験・ノウハウがある

 分析した内容は、数値化・定量化されているデータがあれば、数値を記載しておくといいでしょう。エクセルなどの表計算ソフトで、グラフ形式にすると資料に転用できます。

3C分析のテンプレート

 洗い出した分析結果をテンプレートに従って整理し、アイデアを導き出します。分析した内容を以下のカテゴリーに分類しましょう。

  • 市場・顧客
    • 自社にとって望ましい傾向
    • 自社にとって望ましくない傾向
  • 競合
    • 自社にとって望ましい傾向
    • 自社にとって望ましくない傾向
  • 自社
    • 自社にとって望ましい傾向
    • 自社にとって望ましくない傾向

 これらの分析結果から見えてくる、事業戦略や新規事業の戦略を最終的なアウトプットとします。

分析のコツ・留意点

 情報収集が難しいのは競合分析です。競合相手に戦略を直接聞くことは難しいので、調べた情報を精査する必要があります。また、競合相手は同じ業界とは限りません。たとえば、映画・動画配信サービス・ギャンブルなどの娯楽ビジネスであれば、顧客の求める価値が重なっているからです。

 自社分析にもコツがあります。主力商品・サービスだけに目を向けるのではなく、経営資源全体を見渡すことが大切です。他の企業との関連性や人材育成のノウハウなど、物質として見えにくいことも、自社の強みとなりうる場合があります。

3C分析で整理した情報の活用

 3C分析で導き出したアイデアをいろいろな場面で活用しましょう。

  • ホームページ制作の企画・提案
  • キャッチコピーの切り口

 はじめから、これらに応用することを想定して3C分析をすると、より具体的な分析結果を期待できます。

ホームページ制作に活用する

 ホームページ制作で大切なことは「何を」「どう伝える」かです。そして「どれを」中心にして顧客にアピールするかを選択することです。すべての情報を同じボリュームや熱量で伝えると、顧客は選択の基準を見失ってしまいます。

 3C分析により、導き出した強みを全面に押し出していきましょう。ホームページ制作では、クライアントへの企画・提案の段階で3C分析をします。ホームページの構成・設計に取り入れていきます。

ホームページ制作の提案書・企画書に盛り込む内容  ホームページ制作の提案書には、以下のことを盛り込んでいきます。 自己紹介・制作実績 制作する目的・背景 ホームペ...

キャッチコピー制作・セールスコピー制作に活用する

 3C分析でリストアップした分析内容は、そのままコピーライティングの素材になります。

 キャッチコピーでは、他社にはない差別化できるポイントを切り口にして、顧客の心を動かす具体的な言葉にしていくといいでしょう。
 また、リストアップした市場でのポジション・競合との比較・実績はそのまま繋げるだけでもセールスコピーの構成に使用できます。ランディングページのライティングに応用できるでしょう。

キャッチコピーの作り方
キャッチコピーの考え方 - 作り方のコツとはキャッチコピーの作り方がわからない。考え方が色々ありすぎてどう書いたらいいのか。言葉を真似するだけではキャッチコピーは書けるようになりません。この記事では基本的な考え方を解説していきます。基本を抑えることで再現性のある書き方を身につけることができます。...

コンテンツを作るために3C分析・情報整理を取り入れよう

 分析によって導き出された結果をコンテンツに反映しましょう。

 現状把握や現状分析は整理しただけでは意味がありません。冒頭でお伝えしたとおり分析結果は、事業の見直しや新規事業のアイデアに使用して、はじめて効果をはっきするからです。
 アイデアやひらめきを実行に移す前に、分析のフレームワークを使って論理的な裏付けを考えることが、失敗しない・成功に近づく方法だと思います。

 ぜひ、3C分析をコンテンツ制作にご活用ください。

ホームページ制作 - 全体の流れ  ホームページの制作の始まりは、要件定義・設計から始まります。ホームページの目的や目標を決める工程です。住宅の建築に例えると、土地を決...
ランディングページの作り方  ランディングページの制作に必要な知識を紹介しています。 個人でWeb制作をしているフリーランスの方 これからWeb制作...