コピーを学ぶ

【5W1H】は考える順番が大事。自分の考えを正確に伝えるには?

 5W1Hって、When(いつ)Where(どこで)から考え始めればいいんじゃないの?

 What(何を)Why(なぜ、何の為に)から考えるほうがよくて、相手に伝える時も同じ順番で伝えた方がいいですよ。

 こんにちは、寿(ひさし)と言います。

 僕は文章を書く時、キャッチコピーを書く時「5W1H」を使って頭の中を整理します。ビジネスの場面でも「5W1H」は活用される場面は多いかと思います。企画書、プレゼンなどでしょうか。

 5W1Hに、考える順番があるなんて知りませんでした。何も疑問を持たず「いつ」「どこで」から考えるのが普通と思っていたからです。

 この記事では「5W1H」の考える順番をテーマに、5W1Hの復習もしていきます。フレームワークを有効に使う方法がお伝えできればと思います。

 何かお役に立てればうれしいです。

【5W1H】は考える順番が大事。自分の考えを正確に伝えるには?

順番を意識すると?

課題の発見がしやすくなる

プレゼンの構成が上手くなる

相手を納得させやすい

内容が相手に正確に伝わる

 What(何を)Why(なぜ、何の為に)を先に伝えることで、相手は対象をイメージしやすくなるんです。相手とのコミュニケーションが上手くなりますよ!

【5W1H】の基本をおさらい

5W1Hのメリット

思考のヌケ・モレを防ぐ

ストーリー立てて物事を考えられる

相手に伝える時、整理して伝えられる

思いつき以外のアイデアを発想する事ができる

シンプルで覚えやすい

誰もが一度は耳にした事がある

本質的な目的・結論を導き出せる

 5W1Hは次の6つ順番で構成されています。5つの「W」ひとつの「H」の頭文字を取り、5W1Hと言われます。

When(いつ)

Where(どこで)

Who(誰が、誰に、誰と)

Why(なぜ、何の為に)

What(何を)

How(どのように)

 5W1Hは、一番重要なことを先頭にもってくるニュース記事を書くときの慣行である。

出典元 : Wikipedia

 ニュース記事で最初の段落はリードと呼ばれ、「5W」の多くを含んでいた方がいいとされます。

 日本では教育現場で国語や英語の文法や文学作品読解の指導に使われています。

 「6W1H」「5W3H」「5W1H1R」といった 順番の派生もあるみたいです。

【5W1H】の順番は、Why(なぜ、何の為に)What(何を)から考えましょう

 What(何を)Why(なぜ、何の為に)の順番から考えた方がいい理由を説明します。

Why(なぜ、何の為に)は、本質的な問いを見つける

 Why(なぜ、何の為に)は、目的、理由を指します。

 友人とご飯を食べに行く場面で説明します。

今度、ご飯食べに行かない?

この間たまたま入ったお店が安くて美味しくて、連れて行ってあげたいと思ってさ。

何食べにいく?

 美味しい食事風景が友人の頭の中には浮かんでいるでしょう。

 友人を食事に誘うのは「友人を美味しいお店に連れて行って喜ばせたい」という気持ちが本質的にありあます。

What(何を)は、行動の対象を明確にする

 What(何を)は、目的の対象を指します。

 友人とご飯を食べに行くとします。

中華料理かイタリアン。どっちがいい?

イタリアンかなぁ

イリアン好きだもんね!イタリアンにしよう!

 ごく自然な会話ですが「What(何を)」についての会話です。頭の中に、中華とイタリアンのイメージが浮かんでいるはずです。

When(いつ)の順番で会話すると、どうなるか。

 順番を意識しない5W1Hで会話すると、どうなるのか。

あさって空いてる?

どうしたの?なんかあった?

空いてたら、ご飯いかないかなと思ってさ。

ご飯ね?どこ行くの?

中華料理かイタリアン。どっちがいい?

以下同様

 違いは、会話の最初では頭の中に、中華料理もイタリアンのイメージもないことです。人は理由がわからないまま会話が進むと不安になります。

 道で声をかけられた時、街頭アンケートで

ちょっとお時間よろしいですか?

 と言われて、足を止めますか?

 足を止めるのが上手い人はおそらく、Why(なぜ、何の為に)What(何を)の順番で話をしている人でしょう。

 Why(なぜ、何の為に)What(何を)順番から話、興味・関心を惹きつけましょう。

 考える順番、伝える順番は大事なんです。

【5W1H】順番を入れ替えをする

 5W1Hの順番を調整します。

順番を入れ替えた、5W1H

Why(なぜ、何の為に)

What(何を)

When(いつ)

Where(どこで)

Who(誰が、誰に、誰と)

How(どのように、アイデア)

 Why(なぜ、何の為に)What(何を)を前に持ってきました。理由や目的を優先します。

 When(いつ)Where(どこで)Who(誰が、誰に、誰と)は具体的な要素になるので、後からでも決まって行きます。

What(何を)

対象物

行動

Why(なぜ、何の為に)

目的

理由

コンセプト

When(いつ)

開催日時

納期

締め切り

Where(どこで)

開催場所

販路

チャネル

Who(誰が、誰に、誰と)

担当者

ターゲット

クライアント

How(どのように、アイデア)

手法

手段

戦略

Why(なぜ、何の為に)は「5回のなぜ」で掘り下げる

 「5回のなぜ」はトヨタ生産方式と言われるもので、トヨタではトラブルや問題が起こった時に原因究明の為に使われる手法です。

 根本的な原因を明確にし、本質的な改善策を考えるための思考法です。

 トヨタ「5回のなぜ」は、「そもそも、、あれ?何だっけ?」などの、目的明確にするために有効な手段です。

5章の構成で35の具体的な事例が紹介されています。「5回のなぜ」についても書かれています。

【5W1H】の順番を意識した方がいい具体例

 5W1Hは、会議やプレゼンの場面で活躍します。

新商品企画プレゼンの場面

なぜその新商品が必要なのか:Why(なぜ、何の為に)

どんな商品なのか:What(何を)

発売時期はいつ頃か:When(いつ)

店舗で販売するのか、Webで販売するのか:Where(どこで)

ターゲットは誰か:Who(誰が、誰に、誰と)

売るために必要なプロモーションは何か:How(どのように、アイデア)

 目的や根拠、結論を先に議論した上で手段や方法を話した方が、プレゼンも会議も聞きやすくなります。

ブログは順番を入れ替えた【5W1H】で考えました

 ブログを立ち上げたきっかけは「コピーライター養成講座」に通ったことです。

 僕は講座に通いコピーライティングを勉強しました。卒業後も勉強を続けるにはどうしたらいいかを考えた時、ブログを始めようと思いました。

Why(なぜ?、何の為に)

 卒業後も勉強を続けてスキルを磨きたい。情報発信することで人の役にも立てる。

What(何を?)

 コピーライティングに関するアウトプットをする。

When(いつ)Where(どこで)Who(誰が、誰に、誰と)

 ブログ(SNS)でコピーライティング初学者に向け、毎日記事を更新する。

How(どのように)

 公募がテーマ。

 応募チャレンジした時、思考のプロセスをメモし記事にすることでオリジナリティを出す。

【5W1H】参考書籍

 ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。

 5W1Hって古臭いイメージがあるも知れませんが、昔から使われていて普遍的な手段は、あらゆる場面で使える万能なフレームワークだと思っています。

「なぜやるのか、何をやるのか」を見失った時、5W1Hを順番に振り返ってみると、本来の目的を再確認出来ると思います。

 最後に参考書籍を紹介しますね。

 水族館のアミューズメント企画課に勤めている、入社4年目のOLが主人公。毎日頑張っているのになかなか評価される結果が出ない。そんな時、経営コンサルティングをしているメンターと出会い、5W1Hを勧められて、、。

 漫画で読みやすく、内容も充実していておすすめです。

 何か参考になればうれしいです。