Web運用

ホームページとは

なぜホームページが必要なんですか?

ホームページを持つ目的はなんですか?

 

ホームページはあった方がいいから

ですね!あった方がいいです。

 知り合いの個人事業主から、ホームページ制作の相談を受けた時のひとコマ。この会話のあと、すぐに作り方の話や制作費用の話に移ろうとします。

 いや、待て待て、と。心の中で思うのは、、

 はい、あった方がいいです。そりゃそうっす。このご時世。だけど、このまま話を進めていくと100%壁にぶつかりますよ。

 親しい友人だったら、僕は遠慮なく言いますよ。「そのままでは、ぜぇーーーったいに!失敗するからなっ!!俺、知らんからなっ!」、と。

 

 作った方がいいことに間違いはありません。情報社会で社会的な信用を得るためにホームページを持つことは一般的です。しかしですね、「あった方がいいから。。。」という、ぼんやりとした理由だけでホームページを作るのはちょっと危険です。

 ホームページは事業の売上アップや認知・集客のための手段でしかありません。ホームページを持つことだけを目的にしても何の意味もないのです。

 これは、個人事業主の方に限った話ではなく、副業Web制作のフリーランスの方にも言えます。今まで知り合いの個人事業主さんが作った残念なホームページをいくつも見てきました。

 どうか、お大事に、、。かける言葉は「一から作り直しましょうか。。」です。

 成果の上がらないホームページはお金をドブに捨てているのと一緒です。ずっとホームページ制作会社で働いてきた人間だからこそ切実に残念に思います。ホームページは目的や目標を達成する手段に過ぎません。必要なことは成果を得るために目的と目標をきちんと設定することです。

 この記事では、ホームページの目的・目標の設定方法を、Web制作会社の視点で解説していきます。建築なら設計書の書き方。料理ならレシピ。どんな材料・素材を用意するべきかといったところでしょうか。

 さて、このセクションでは、以下の内容を整理していきます。

  • そもそもホームページとは?
  • ホームページの目的と形式

 何か、参考になれば幸いでございます。

WebサイトとWebページの違い 

 はじめに、「Webサイト(ホームページ)とは何か」を理解しておきましょう。

 Webサイトとは、複数のWebページから構成され各ページがリンクで繋がった情報コンテンツのことです。この「各ページがリンクで繋がっていること」は、Web設計をする上でとても重要な考え方なんです。

 というのは、ユーザーはもっと情報を知りたいと思った時に、リンクを辿ってサイト内を回遊し情報の閲覧をしていきます。

 ですから、リンクのない導線設計が甘いホームページは、機会損失をし続けることになるのです

 では、ユーザーはどのようにしてホームページにアクセスするのでしょう。

 ユーザー(ホームページ閲覧者)は、インターネットにより世界中からWebサイトにアクセスできます。

 アクセスの方法は主に、Webブラウザ(Internet Explorer,Google Chromeなど)のアドレスバーにURLを打ち込み直接アクセス方法、GoogleやYahoo!などの検索サイトからアクセスする方法があります。

 SNSからのリンクも多くなっていますね。企業がSNSに力を入れる理由はより深い情報を知ってもらうためのキッカケ作りです。

ホームページの目的と成果を考える

 ホームページの目的は、集客・売上の向上・お問い合わせ件数の増加など成果を得ることです。

 それらの成果を得るために、事業内容・サービス情報・料金情報など、ユーザーにとって必要な情報を発信することが重要です。ユーザーが何を求めているかを考えずに情報発信すると、事業者側に偏った情報発信になりユーザーは離れていきます。

 まずは、ユーザーが求めていることは何かを考えましょう。それに加えWeb制作会社では、クライアントから目的・目標・課題を入念にヒアリングしてから設計・制作に着手します。

 Web制作会社ではホームページ制作全体の6割ほどの時間を費やし、情報整理や設計をします

 ダメですよ、ヒアリングなしの制作は。

ホームページの目的と形式

 ホームページには、目的に応じたサイトの形式があります。事業の顔となるコーポレートサイトをはじめ、ブランディングや情報発信などの目的で作られるオウンドメディア・ポータルサイトなど、その形式は7〜9種類。

 個人事業主の方でホームページが必要となった場合、まず、コーポレートサイトを作ることになるでしょう。コーポレートサイトを持たない企業は社会的な信用を得られにくい傾向にあります。逆に個人事業主でホームページがしっかりしていると、それだけで信用が得られるともいえます

 では、ホームページの種類を「形式別」と「目的別」で見ていきましょう。

 目的形式
コーポレートサイト社会的信用の獲得
オウンドメディアブランディングサイト集客・ファン拡大
ランディングページ(1ページ)プロモーションサイト広告・認知
ECサイト直接収入・物販
リクルートサイト求人
ポータルサイト情報発信
https://www.dropbox.com/scl/fi/9pqm0q6p58dl4xow7erbe/.gsheet?dl=0&rlkey=sn9chap2ng684ongz2xuzo9ll#gid=0
  • コーポレートサイト
  • オウンドメディア
    • https://toyotatimes.jp/
  • ブランディングサイト
    • https://lexus.jp/
  • ランディングページ(1ページ)
    • https://kinto-jp.com/lp/komikomi/
  • プロモーションサイト
    • https://toyota.jp/news/noah-voxy_new/
  • ECサイト
    • https://toyota.jp/ucar/
  • リクルートサイト
    • https://global.toyota/jp/careers/
  • ポータルサイト
    • https://toyota.jp/akaitori/

 この記事は、冒頭に申し上げたように、個人事業主の方がご自身でホームページを開設するまでをゴールとしています。以降、コーポレートサイト制作を例に解説を進めていきます。